消防設備点検業者を選ぶ5つのポイント

数多くある消防設備点検業者のなかからベストの業者を選択するのは難しいもの。こちらでは、消防設備点検業者を選ぶポイントをまとめています。ぜひご参考にしてください。

ポイント 1

最新情報を押さえているか

消防設備点検は、すべて消防法に則って行われています。この消防法は、大きな防災事故などが起こると改正され、近年では2002年、2007年に改正されています。消防法を遵守した正確な消防設備点検を実施するには、業界・法令の最新情報にアンテナを張り法改正などに合わせて、的確でスピーディーな対応がとれることが必須条件です。最新情報を持っている業者であるかをきちんと確認しましょう。

ポイント 2

見積もりが明瞭であるか

「点検費用一式○○円」これでは、どこにどのくらいかかっているのか、どんな点検をしてくれるのかがまるでわかりません。見積もりがアバウトな業者は、いいかげんな見積もりをしていたり料金を上乗せしていたりする場合があります。見積もり内容を詳細に記載している業者を選びましょう。

ポイント 3

スピーディーに対応してくれるか

「消防署から改善通告を受け、急な工事が必要に」「夜間の非常ベルの誤作動を今すぐなんとかしたい」ということは比較的よくあるものです。見積もりを早く取ってくれたり昼夜問わずすぐに対応してくれたりする業者なら安心でしょう。

ポイント 4

点検だけでなく書類作成などをトータルで任せられるか

消防設備点検はただ点検するだけでは実施したことにはなりません。法令書類の作成、消防署への書類提出、また不備が合った場合の工事などを行ってこそ、消防法に則った点検を実施したことになるのです。トータルで任せられるサポート力の高い業者を選ぶようにしましょう。

ポイント 5

コストの相談にのってくれるか

コスト面の融通が利くかも判断材料のひとつとなりえます。貴社のニーズに合わせて流動的にコスト設定、相談にのってくれる業者を選ぶようにしましょう。

アシストなら安心!お客様のニーズに合わせてご提案いたします。

  • PAGE TOP